手さげカバンを作りました。2つ完成して、あと1つ制作中です!

今回、新しいかばんの制作記事を書いてみます。普段から「お出かけ用に、しっかりと荷物を入れられる丈夫なカバンを作りたい!」と思っていたので、まずは柄違いのかばんを2つ作ってみました。いろいろアイデアを盛り込んだ内容となっていますので、よろしければ見ていってくださいね!

By ユミオネ

アイデアのポイント(以前のカバン)
以前、本革取っ手のネコバックを、全部で4種類作ってみました。

以前の本革取っ手カバンのアイデアポイントを載せておきます。

<アイデアのポイント(以前)>
  • 外側はネコが刺繍されていますので、どれもかわいらしめの感じがします。
  • バックインバッグにもなるように作りましたので、小めのバッグです。
  • 開口部にはワイヤーを入れて、大きく開けることができます。
  • 持ち手とファスナー端に本革を使いましたので、丈夫で長持ちします。
アイデアのポイント(新作)
今回のカバンは、お出かけ時にもしっかりと荷物が入れられるよう、アイデア満載の本格的なカバンを2つ作ってみました。

<アイデアのポイント(新作)>

外側

  • 生地は厚手で張りのあるゴブラン織で、明るい柄で手触りもいいです。
    さらに、しっかりとした織なので、軽くて型崩れしにくいです。
  • ファスナーは両開きのゴールドファスナーで、見た目も良く便利です。
    さらに、引き手はラウンドフレームで指を引っ掛けて開閉できます
  • 持ち手に幅広で厚手の本革を使いましたので、丈夫で長持ちします。
    さらに、ゴールドのカシメを付け、強度を保ってあります。


内側

  • 開口部には長いワイヤーを入れて、しっかりと大きく開けることができます。
  • 底には丈夫な樹脂板を入れて、荷物の安定性が抜群になります。
  • ポケットは2つ用意しました。
    一つはチャック付きで、大事なものを収納できます。
    もう一つはチャックなしで、よく取り出すものを収納できます。

少し長くなりましたので、今回は完成した2つのカバンのうち1つだけをご紹介しています。残りは次回への続きとさせてください。

手さげカバン B-1 (ゴブラン・ミックス柄)

外側の生地は、厚手で張りのあるゴブラン織です。

ゴブラン織はしっかりとした織ですので縫製は一苦労ですが、その分、軽くて型崩れしにのが特徴です。また、今回はミックス柄を使いましたので、とてもカラフルで明るい柄となっています。手触りもいいですよ。

ファスナーは両開きのゴールドファスナー(YKK製)を採用しました。

ファスナーを持つ部分は、円形のラウンドフレームとなっていますので、指を引っ掛けて開閉できます。見た目もよくなって、便利です。

また、底には丈夫な樹脂板を入れました。これで、安定性が抜群になりますね。

ポケットは2つ用意してあります。

一つはチャック付きポケットで、大事なものをしっかりと収納できます。もう一つはチャックなしの深めに作ったポケットで、よく取り出すものを収納できます。

まとめ

いかがでしたか?

今回は完成した2つのカバンのうち1つだけをご紹介しています。次回は、もう1つのカバンをご紹介します。

これからも、便利で、シンプルで、可愛いと思っていただける作品作りに励んでいきます。ご愛好いただければうれしいです。あなた様の生活も豊かになりますように。以上、「キョウトる」の住人ユミオネでした。<(_ _)>

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です