3つ目の手さげカバン。新デザインのゴブラン生地で。

前回前々回と、ゴブラン生地による新しいカバンの制作記事を書いてきました。今回はその第3弾として、新デザインの手さげカバンについてご紹介していきます。いろいろアイデアを盛り込んでいて、その一つ一つを丁寧に説明していく内容となっていますので、よろしければ見ていってくださいね!

By ユミオネ

手さげカバン B-3 (ゴブラン・絵葉書柄)

今回も、アイデアポイントを1つずつ見ていきます。
外の生地は、前回・前々回と同じ、厚手で張りのあるゴブラン織です。しっかりとした織ですので縫製は大変ですが、カバンを立てて置いても型崩れしにくいんです。

今回の絵葉書の柄は、はっきり言って、シブかっこいいと思います。

手さげカバンとしてこの絵葉書柄をうまく生かすには、どこを切り取るかで大きく印象が異なってきます。なるべく旅情たっぷりの、持っていてお出かけしたくなるような柄を、大胆に切り取ってみました。いかがですか?

また、ファスナーは両開きのゴールドファスナー(YKK製)を採用しました。ファスナーを持つ部分は、円形のラウンドフレームとなっていますので、指を引っ掛けて開閉できます。見た目もよくなって、便利です。

底には丈夫な樹脂板を入れました。これで、安定性が抜群になりますね。

ポケットは2つ用意してあります。一つはファスナー付きポケットで、大事なものをしっかりと収納できます。もう一つはファスナーなしの、深めに作ったポケットで、よく取り出すものを収納できます。

まとめ

旅情たっぷりの絵葉書柄の手さげカバンは、いかがでしたか?これからも、ゴブラン織生地を使った手さげカバンを、新しい柄でも制作してみたいと思っています。

次回は、出来上がり次第に、順次ご紹介していく予定です。お楽しみに!

これからも、便利で、シンプルで、可愛いと思っていただける作品作りに励んでいきます。ご愛好いただければうれしいです。あなた様の生活も豊かになりますように。
以上、「キョウトる」の住人ユミオネでした。<(_ _)>

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です